2009年03月22日

初恋の人からの手紙

初恋の人からの手紙がネットで大人気ですね。

恋愛ものなんで人気が高いのでしょうか?

私も早速ですが、初恋の人からの手紙をやってみました。

初めに名前と年齢を記入して、7つの質問に答えるだけです。

これだけで、約800文字程の初恋の人からの手紙が完成します!

昔はこんな恋愛してたんだなと考えてました。

ちなみに私の場合はこんな手紙でした。

良太、元気にしてる?
今でも相変わらず浴衣フェチですか?冬でも「浴衣を着てきて」と言った良太を思い出すと、今でも笑ってしまいます。

泣きじゃくる私に良太が「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう14年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。良太は、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでに良太はおじいさんのように穏やかでした。

そういえば良太にとって初恋の相手が私だったんですよね?最初のころの良太は、なんだかキスするときも勢いありすぎて、あのときは少し怖かったんですよ。慣れてくるとやけに自信をつけていましたね。「おれうまいだろ」って(笑)。

まだ付き合い始めたころ、良太は気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しような」って言っていましたよね。私は適当にごまかしましたが、嬉しそうな良太の顔を忘れません。今思えば完全に詐欺ですけど、今でもみんなにそう言っていますか?

総括するなら、良太と付き合えたことは、とても感謝しています。特に良太との恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私は良太のことがそれでも好きでした。これからも良太らしさを失わないよう、当時以上にノストラダムスの研究を頑張って(笑)、誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 良太が誕生日にくれた日本人形、だいぶ髪が伸びました。

こんな感じで初恋の人から手紙が届きます。

当時はあまり恋愛が得意ではなかったのですが、懐かしい記憶がよみがえってきました。
【関連する記事】
posted by 初恋 at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。